駿河竹千筋細工について

縁起つヾれ 静岡・府中を流れる安倍川、その支流藁科川の流域は、昔からの良質の若、淡を産してきました。弥生時代の登呂遺跡から、ザルやカゴが出土され、この地では古くから製品が生活用具として定着していたことが伺われます。

「駿河の府中、籠の名物あり。その細工よし。   
関東の人は、駿河籠を賞翫する也」
(日本山海名物図繪四)

「虫篭を買うて裾野に向かいけり」         
                     (俳人鬼貫)

江戸時代初期 (元和1615〜)には、精巧な籠枕が東海道を行く参勤交代の諸大名に人気を博し、寛永年間(1624〜)には、城下草深に住む鷹匠同心により編み笠や鈴虫籠が作られるようになり、この頃より「孝行をするが第一、細工」の雑俳が作られるほど、駿河細工の名声は広がったと、文献に記されています。

駿河細工の中でも最も特徴のあるといわれる、丸ヒゴを使った駿河千筋細工は、天保11年(1840)、華道や茶道、機織に秀でた菅沼一我(号は芳州庵)という人が、清水猪兵衛に教示したのが始まりで、以後安政3年(1856)に亡くなるまで、多くの門下生を取り立てて教養し、工夫研究を重ねて、今日の礎を確立したと伝えられています。明治6年(1873)には、日本の特産品としてウィーンの国際大博覧会に出品。以後、日本を代表する輸出品として、海外の脚光を浴び、随時、その発展を重ねてきました。

そして、現在。
先人たちのたゆまざる創造意欲を継承してきた駿河千筋細工は、の持つ風合、色、艶、材質を今日の完成に生かしながら、ますます繊細で優美な”技の華”を咲かせています。

ページの先頭へ▲